目立ちにくい矯正装置インビザライン

インビザラインの特徴

インビザラインの特徴

マウスピース型矯正歯科装置の1つであるインビザラインは、透明の目立ちにくいマウスピース型矯正歯科装置を1日20時間程度装着してきれいな歯並びを実現する矯正方法です。多くのメリットがあり人気がある矯正方法ではありますが、デメリットももちろん存在します。インビザラインをはじめる前に確認していただきたいインビザラインの特徴をご紹介します。

インビザラインのメリット

目立ちにくいマウスピース型矯正歯科装置

透明のマウスピース型矯正歯科装置を装着して矯正を行うインビザラインは、矯正治療をしていることが目立ちにくいです。

歯磨きがしやすい

歯磨きがしやすい

マウスピース型矯正歯科装置を取り外して歯磨きをすることができるため、普段の歯磨きと同様に丁寧に行うことで磨き残しを防ぐことができます。マウスピース型矯正歯科装置自体もきれいに洗うことができ衛生的に矯正治療をすることが可能です。

快適に食事ができる

快適に食事ができる

食事をするときはマウスピース型矯正歯科装置を外すことができるため、快適に食事を楽しむことができます。

シュミレーションで治療後のイメージを確認できる

インビザラインは、治療後にどのような仕上がりになるかをシュミレーションで確認することができます。

金属アレルギーでも治療ができる

金属を使わずに矯正治療を行うため、アレルギーをお持ちの方にも安心して治療を受けていただくことができます。

歯型を取る必要がない

インビザラインは、不快感がある歯型を取る必要がなく、1回のスキャニングで治療完了までに必要なマウスピース型矯正歯科装置を作製することが可能です。また当院では、より詳しい口内環境を確認することが可能な3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)エレメント」で口腔内の細かいデータを収集します。

インビザラインのデメリット

治療費が高額

保険が適用外の治療となるため、治療費が高額です。

自己管理が重要

一定の時間マウスピース型矯正歯科装置を装着することで、キレイな歯列を手に入れることができるインビザラインによる矯正治療は装着時間を自己管理する必要があります。マウスピース型矯正歯科装置の装着時間が十分でない場合は、満足のいく結果を得られないことがあるため1日20時間は装着しましょう。

適応しない症状がある

インビザラインによる矯正は、かなり凸凹がある歯並びをはじめ重度の症状には適さない場合があるので注意が必要です。治療前に適している症状であるかを、医師に確認をしましょう。

ジュースを飲むたびに歯磨きをする必要がある

糖分が多く色がついたジュースを飲んだ後は、丁寧に歯磨きをしましょう。

インビザラインが向いている場合、向かない場合

インビザラインは、下記にあるさまざまな症状に対し治療が可能です。ただし、重度の症状には適さない場合がありますので、詳しくは検査結果をもとに歯科医師に相談をしましょう。

インビザラインが可能な症状

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)/出っ歯
  • 下顎前突(かがくぜんとつ)/受け口
  • 上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)/上下の歯が前に出て唇が閉じにくい症状
  • すきっ歯
  • 叢生(そうせい)/八重歯
  • 過蓋咬合(かがいこうごう)/上の歯がかぶさり前から見ると下の歯が見えない状態
  • 交叉咬合(こうさこうごう)/奥歯または前歯が横にずれている状態
  • 開咬(かいこう)/上下の歯にすき間がある状態

対象年齢

インビザラインは、あごや歯の成長が整った小学校中学年くらいから治療をすることが可能です。ただし、1日20時間のマウスピース型矯正歯科装置を装着することが必要なため、自己管理ができる、または保護者の方の十分なフォローができる環境であるかを確認する必要があります。

インビザラインで矯正を行う際の注意点

  • 1日あたり20時間の装着
  • 適時最適なマウスピース型矯正歯科装置を使う(10~14日ごとに交換)
  • 食事の際は取り外す
  • マウスピース型矯正歯科装置を取り外す際はケースを使い大切に保管する

※完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、 承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

※薬機法において承認されていない医療機器について

インビザライン矯正の流れ

ご予約

1ご予約

インターネットまたはお電話でご予約をお願いします。

来院当日

2来院当日

来院当日は、保険証をご提出の上お名前をお伝えください。初診の方には問診票のご記入をお願いします。

カウンセリング

3カウンセリング

インビザラインについての注意点や費用などをご説明します。

検査

4検査

インビザラインに必要な口腔内の状況を、検査を行った上で確認します。当院では、iTero(3D光学スキャナー)を使ってデータを収集します。 検査費用3万円のうち、1万円をお支払ください。残りの2万円は治療が確定した段階でお支払いください。

検査結果のご報告

5検査結果のご報告

患者さまの口内の状況と3D光学スキャナーのiTero(アイテロ)によるシュミレーションをもとに、インビザラインによる矯正治療が可能かを判断いたします。3D光学スキャナーで撮影した画像をもとに、丁寧な説明を心がけておりますが、わかりにくい点や質問がございましたらお気軽にお声がけください。

治療開始

6治療開始

矯正が確定しましたら、同意書にご署名をいただき治療を開始します。1日あたり20時間以上はマウスピース型矯正歯科装置を装着してください。また、虫歯や歯周病など処置が必要な場合は、事前に治療を行います。

通院

7通院

通院は1ヵ月に1回となりますが、10~14日ごとに新しいマウスピース型矯正歯科装置マに交換して治療を続けてください。通院の際には、経過観測と虫歯や歯周病の有無などを確認します。

費用

検査費用 30,000円(税抜)
インビザライン 900,000円(税抜)

contactお問い合わせ

診療時間
9:00~13:00
14:30~18:00

▲ 14:00〜17:00